アフターピルについて【緊急避妊薬】の特徴などを詳しく解説

アフターピルの働き

アフターピルとは?
計画的に服用する避妊薬とは違い、SEX後72時間以内に服用を行う緊急の避妊薬になります。
服用方法以外にも違いがあり、肌荒れの改善や月経トラブルなどを改善する副効用はなく、「避妊」のみが服用の目的となります。
一般的には、婦人科で処方が行われ、「ノルレボ錠」が処方されることが多いはずです。
出来る限り早めの服用が望まれるので、場合によっては病院処方よりも海外通販でジェネリックである「アイピル」を購入しておいた方が都合の良い時もあります。
たとえば・・・

・夜遅くで病院が閉まっている
・病院に行きたくても仕事で行く時間はない

こういった場合には、72時間というタイムリミットが迫ってきてしまい、焦りや不安の原因にもなります。
アフターピルは飲み薬としては、最後の避妊方法となっているので、それ以外は中絶というからだへの大きな負担が生じる治療となってしまいます。
海外通販であれば24時間いつでもアフターピルを注文することができ、医師の処方せんもいりません。
万が一の時に備えて1錠購入して持っておくのも◎。

アイピルとは?
ジェネリックであることはお伝えしたと思います。
つまり成分は「ノルレボ錠」と同じレボノルゲストレルとなっています。
なので服用から避妊のために起こる作用は同じになります。

・排卵を抑える
・受精卵の着床を阻止

排卵は妊娠するためには必ず必要になる現象です。
これを抑制することで、受精卵となる機会を失わせることにつながるので、望まぬ妊娠を回避することが出来ます。
また排卵後の服用となっても、からだの中は受精卵が着床しにくい状態となり妊娠を阻止してくれます。
避妊成功率は時間内であれば、ほぼ100%に近いとされ、高い確率で女性のからだを守ってくれます。
しかしその反面で、副作用も同様にほぼ100%の確率で起こります。

・吐き気
・嘔吐
・頭痛
・倦怠感

こういった症状は急激なホルモンの変化によってからだが付いていけないことで起こります。
アイピルは1錠のみの服用なので症状は一過性とされていますが、低用量ピルなどの避妊薬に比べると強く症状が出るので、緊急時以外の服用は控えなければなりません。